0155-22-3636 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
平日9:00-18:00

相続 承継

  1. 司法書士・土地家屋調査士 坂口卓郎事務所 >
  2. 相続 承継

相続 承継に関する基礎知識記事や事例

  • 遺産分割による相続時遺産分割による相続時

    相続は、死亡によって開始するとされている(民法882条)ことから、被相続人の死亡により相続は当然に開始します。相続開始の時から、遺産分割が行われるまでの間は、相続財産は相続人間の共有に属すること...

  • 相続放棄のメリット・デメリット相続放棄のメリット・デメリット

    相続放棄をすると、初めからその相続に関しては、相続人とならなかったものとみなされるため(民法939条)、借金などの承継したくない権利義務がある場合には、それを承継しなくてよいというメリットがあり...

  • 相続登記しない場合に生じる問題点相続登記しない場合に生じる問題点

    相続登記には期限はありません。しかし、相続登記を放置しておくと、その相続人が死亡して被相続人となった後に権利関係がより複雑となってしまう可能性があります。また、相続人の内の一人の債権者が、法定相...

  • 遺言書による相続登記遺言書による相続登記

    遺言書による相続登記 ■遺言書による相続登記 「相続登記」とは、亡くなった方(被相続人)の名義のままになっている不動産登記を、承継した相続人の名義に変更する手続のことをいいます。不動産を相続する...

  • 相続放棄相続放棄

    相続は、死亡によって開始するとされている(民法882条)ことから、被相続人の死亡により相続は当然に開始します。そして、「相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する...

  • 相続放棄の期限相続放棄の期限

    相続放棄をするには、家庭裁判所に申述する必要がありますが(民法938条)、この申述をすべき期間として熟慮期間というものがあります。この熟慮期間は原則として、自己のために相続の開始があったことを知...

司法書士・土地家屋調査士 坂口卓郎事務所が提供する基礎知識

  • 遺言書の検認

    遺言書の検認

    遺言書の検認 ■遺言書の検認とは 公正証書遺言による場合を除いて、遺言書の保管者又はこれを発見した相続...

  • 会社設立登記の必要性

    会社設立登記の必要性

    株式会社を設立した場合には、以下の事項を、設立時取締役等による調査(会社法46条)の終了日ないし発起人...

  • 新築した時の登記の流れ

    新築した時の登記の流れ

    不動産登記とは、不動産に関する権利の発生・変動・消滅を、国家が管理する不動産登記簿という帳簿に記録する...

  • 相続登記と登記事項証明書

    相続登記と登記事項証明書

    登記事項証明書とは、所有権の移転の経緯などを調べる際に用いられるものです。相続登記においては、相続の前...

  • 不動産登記の種類

    不動産登記の種類

    不動産登記は、表示に関する登記と権利に関する登記の2つに大別できます。 表示に関する登記の代表例は、...

  • 新築時の登記申請の必要性

    新築時の登記申請の必要性

    不動産登記とは、不動産に関する権利の発生・変動・消滅を、国家が管理する不動産登記簿という帳簿に記録する...

  • 相続放棄手続きに必要な書類

    相続放棄手続きに必要な書類

    相続放棄手続きに必要な書類 ■相続放棄とは 「相続放棄」とは、被相続人の債務が超過しており、相続によっ...

  • 相続登記と固定資産評価証明書

    相続登記と固定資産評価証明書

    固定資産評価証明書は、相続登記の際には、まず、不動産の登記名義を変更する際に登録免許税という税金がかか...

  • 遺産分割による相続時

    遺産分割による相続時

    相続は、死亡によって開始するとされている(民法882条)ことから、被相続人の死亡により相続は当然に開始...

よく検索されるキーワード

ページトップへ