0155-22-3636 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
平日9:00-18:00

家屋 登記

  1. 司法書士・土地家屋調査士 坂口卓郎事務所 >
  2. 家屋 登記

家屋 登記に関する基礎知識記事や事例

  • 新築時の登記申請の必要性新築時の登記申請の必要性

    不動産登記とは、不動産に関する権利の発生・変動・消滅を、国家が管理する不動産登記簿という帳簿に記録すること、またはその記録そのものをいいます。 そして、家屋を新築した場合にも、家屋の所有権が発...

  • 新築購入に伴う不動産登記新築購入に伴う不動産登記

    まず、前提として、不動産登記とは、不動産に関する権利の発生・変動・消滅を、国家が管理する不動産登記簿という帳簿に記録すること、またはその記録そのものを言います。 そして、家屋を新築した場合にも...

  • 新築権利に関する登記新築権利に関する登記

    不動産登記とは、不動産に関する権利の発生・変動・消滅を、国家が管理する不動産登記簿という帳簿に記録すること、またはその記録そのものを言います。 そして、家屋を新築した場合にも、家屋の所有権が発...

  • 不動産登記の種類不動産登記の種類

    不動産登記は、表示に関する登記と権利に関する登記の2つに大別できます。 表示に関する登記の代表例は、建物の表題の登記です。 これは、建物を新築した場合にする登記で、登記簿の表題部になされ、建...

  • 新築した時の登記の流れ新築した時の登記の流れ

    不動産登記とは、不動産に関する権利の発生・変動・消滅を、国家が管理する不動産登記簿という帳簿に記録すること、またはその記録そのものをいいます。 そして、家屋を新築した場合にも、家屋の所有権が発...

  • 司法書士と土地家屋調査士のダブル資格でワンストップ司法書士と土地家屋調査士のダブル資格でワンストップ

    土地に関する登記には二つの種類が存在しています。一つは表題に関する登記というものです。これは土地家屋調査士が行うことができるもので、土地の面積や一辺の長さ、境界がどこにあるかなどを測量し確定した...

  • 新築登記ワンストップ新築登記ワンストップ

    不動産登記とは、不動産に関する権利の発生・変動・消滅を、国家が管理する不動産登記簿という帳簿に記録すること、またはその記録そのものを言います。 そして、家屋を新築した場合にも、家屋の所有権が発...

司法書士・土地家屋調査士 坂口卓郎事務所が提供する基礎知識

  • 遺言書の検認

    遺言書の検認

    遺言書の検認 ■遺言書の検認とは 公正証書遺言による場合を除いて、遺言書の保管者又はこれを発見した相続...

  • 不動産の相続登記の方法

    不動産の相続登記の方法

    不動産の登記手続きは、対象となる不動産の所在する地域を管轄する法務局で行います。登記の申請にあたっては...

  • 測量業務の流れ

    測量業務の流れ

    測量業務を受託いたしましたら、初めに法務局やその他の管轄の役所で資料の調査を行わせていただきます。これ...

  • 相続登記しない場合に生じる問題点

    相続登記しない場合に生じる問題点

    相続登記には期限はありません。しかし、相続登記を放置しておくと、その相続人が死亡して被相続人となった後...

  • 法定相続人・相続分

    法定相続人・相続分

    民法において、相続人となる人の順番とその範囲が規定されています。これを「法定相続人」といいます。 ま...

  • 会社設立登記の申請手続き

    会社設立登記の申請手続き

    株式会社を設立した場合には、設立時取締役等による調査(会社法46条)の終了日ないし発起人が定めた日のい...

  • 相続放棄の期限

    相続放棄の期限

    相続放棄をするには、家庭裁判所に申述する必要がありますが(民法938条)、この申述をすべき期間として熟...

  • 新築時の登記申請の必要性

    新築時の登記申請の必要性

    不動産登記とは、不動産に関する権利の発生・変動・消滅を、国家が管理する不動産登記簿という帳簿に記録する...

  • 遺言書による相続登記

    遺言書による相続登記

    遺言書による相続登記 ■遺言書による相続登記 「相続登記」とは、亡くなった方(被相続人)の名義のままに...

よく検索されるキーワード

ページトップへ