0155-22-3636 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
平日9:00-18:00

遺産分割による相続時

  1. 司法書士・土地家屋調査士 坂口卓郎事務所 >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 遺産分割による相続時

遺産分割による相続時

相続は、死亡によって開始するとされている(民法882条)ことから、被相続人の死亡により相続は当然に開始します。相続開始の時から、遺産分割が行われるまでの間は、相続財産は相続人間の共有に属することとされています(民法898条)。
そして、相続人は基本的にはいつでも遺産分割を請求することができ(民法907条1項)、これは、前述の共有関係から単独所有へと移ることを意味します。遺産分割の手続については、相続人の協議による協議分割(民法907条1項)、協議分割が整わないときなどに行われる審判分割(同条2項)などがあります。協議による分割ができないとき、審判を経ずにいきなり、共有物分割請求訴訟という裁判を行うことはできないとされています。

遺産分割の効力としては、遡及効があるとされています(民法909条本文)。もっとも、「第三者」の権利を害することはできないとされています(民法909条ただし書)。ここでいう「第三者」とは、民法909条ただし書の趣旨が、遺産分割の遡及効から第三者を保護するという点にあるとされていることから、当事者及びその包括承継人以外の者で遺産分割前に現れたものをいうとされます。

そして、特に不動産については、遺産分割後の権利を主張するには民法177条の適用があるため、登記をしなければならないとされています。なお、相続放棄については登記なくしてその効力を第三者に対しても主張できるとされています。

司法書士坂口卓郎事務所は、十勝地方を中心に、道内の皆様の不動産登記、測量、相続、会社設立登記などといった事柄のお手伝いをさせていただいております。これらに関する疑問やお悩みは当事務所までお気軽にお問い合わせください。当事務所は平日の9時から18時までお問い合わせを受け付けております。また、土日祝日しかご予定が取れない場合はその点を申し付けください。相続でお悩みの際は、お一人で悩むのではなく、まずはお気軽にご連絡ください。

司法書士・土地家屋調査士 坂口卓郎事務所が提供する基礎知識

  • 法定相続人・相続分

    法定相続人・相続分

    民法において、相続人となる人の順番とその範囲が規定されています。これを「法定相続人」といいます。 ま...

  • 相続登記と登記事項証明書

    相続登記と登記事項証明書

    登記事項証明書とは、所有権の移転の経緯などを調べる際に用いられるものです。相続登記においては、相続の前...

  • 相続放棄手続きに必要な書類

    相続放棄手続きに必要な書類

    相続放棄手続きに必要な書類 ■相続放棄とは 「相続放棄」とは、被相続人の債務が超過しており、相続によっ...

  • 会社設立登記にかかる費用

    会社設立登記にかかる費用

    会社設立登記の際には、登録免許税がかかります。 株式会社の場合、資本金の額が課税基準になります。すな...

  • 測量の種類

    測量の種類

    測量にはいくつかの種類があります。 ・現況測量 土地の一辺の長さや、高低差、境界杭のような境界標を測...

  • 司法書士と土地家屋調査士のダブル資格でワンストップ

    司法書士と土地家屋調査士のダブル資格でワンストップ

    土地に関する登記には二つの種類が存在しています。一つは表題に関する登記というものです。これは土地家屋調...

  • 新築権利に関する登記

    新築権利に関する登記

    不動産登記とは、不動産に関する権利の発生・変動・消滅を、国家が管理する不動産登記簿という帳簿に記録する...

  • 遺言書の検認

    遺言書の検認

    遺言書の検認 ■遺言書の検認とは 公正証書遺言による場合を除いて、遺言書の保管者又はこれを発見した相続...

  • 現況測量とは

    現況測量とは

    「現況測量」とは、既存の杭や境界標、フェンスや現場で確認できる境界等を測り、対象となる土地の寸法・面積...

よく検索されるキーワード

ページトップへ