0155-22-3636 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
平日9:00-18:00

法改正による自筆証書遺言の方式緩和と保管制度

  1. 司法書士・土地家屋調査士 坂口卓郎事務所 >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 法改正による自筆証書遺言の方式緩和と保管制度

法改正による自筆証書遺言の方式緩和と保管制度

■自筆証書遺言とは
遺言とは、自分の死後の相続方法等を指定するものをいいます。遺言が法的効力を持つためには、民法上指定されているいくつかの方式のうちいずれかに従って作成する必要があります。
自筆証書遺言は民法968条により定められた遺言方式で、原則として遺言の全文と日付を遺言者本人が手書きで記載し、署名・押印することによって作成します。

■自筆証書遺言の方式緩和の内容
従来、自筆証書遺言は、例外なくその全文を手書きで作成することとされていました。そのため、相続財産が多岐にわたるような場合に、個別の財産の内容と相続方法をくまなく自書しなければならず、作成に手間がかかるという難点がありました。
しかし、相続法が改正され、自筆証書遺言の要件が一部緩和されました。具体的には、財産目録の部分についてはパソコン等により作成したものを添付することが可能になりました。ただし、その場合には添付した各頁に署名・押印する必要があります(改正民法968条2項)。
このような方式緩和は、2019年1月13日以降に作成される自筆証書遺言に適用されます。

■自筆証書遺言の保管制度
自筆証書遺言の保管については、特に定めがありません。そのため、自筆証書遺言は、公証役場で保管される公正証書遺言とは異なり、遺言者の自宅や信頼できる知人の家に保管されるのが一般的でした。
しかし、このような保管では、相続人が遺言を作成したことに気付かなかいおそれや、紛失・改ざんのおそれがありました。
そこで、相続法改正の一環として、法務局における遺言書の保管等に関する法律が成立しました。これにより、自筆証書遺言を作成した人は、法務局に出頭・申請することで、法務局内で遺言を保管させることができるようになりました。なお、この制度により保管された自筆証書遺言は、遺言者が死亡した後、裁判所の検認を受ける必要がなくなります。
この保管制度は、令和2年7月10日から施行されます。

司法書士 坂口卓郎事務所では、皆様の円滑な相続手続きを実現するため、適格・迅速な法務相談を行っています。帯広で相続トラブルにお困りの方は、お気軽にご相談ください。

司法書士・土地家屋調査士 坂口卓郎事務所が提供する基礎知識

  • 相続登記の期限

    相続登記の期限

    相続登記には期限はありません。しかし、いつまでも故人名義のまま登記しておくのは好ましくありません。トラ...

  • 相続放棄手続きに必要な書類

    相続放棄手続きに必要な書類

    相続放棄手続きに必要な書類 ■相続放棄とは 「相続放棄」とは、被相続人の債務が超過しており、相続によっ...

  • 法定相続による相続登記

    法定相続による相続登記

    相続登記とは、一般的には、相続によって被相続人の財産の中でも特に不動産について譲り受けた場合に、その不...

  • 遺産分割協議とは

    遺産分割協議とは

    相続財産を確定し、財産目録を作成したのちに、複数の相続人のうちだれがどの財産を相続するかを決める必要が...

  • 不動産登記簿謄本(登記事項証明書)とは

    不動産登記簿謄本(登記事項証明書)とは

    「不動産登記簿謄本(登記事項証明書)」とは、法務局の登記簿に記録されている事項の全部または一部を証明し...

  • 新築購入に伴う不動産登記

    新築購入に伴う不動産登記

    まず、前提として、不動産登記とは、不動産に関する権利の発生・変動・消滅を、国家が管理する不動産登記簿と...

  • 土地家屋調査士とは

    土地家屋調査士とは

    ■土地家屋調査士とは 土地家屋調査士とは、不動産の表示に関する登記の申請手続きなどを行う専門家のことで...

  • 不動産の相続登記の方法

    不動産の相続登記の方法

    不動産の登記手続きは、対象となる不動産の所在する地域を管轄する法務局で行います。登記の申請にあたっては...

  • 法定相続人・相続分

    法定相続人・相続分

    民法において、相続人となる人の順番とその範囲が規定されています。これを「法定相続人」といいます。 ま...

よく検索されるキーワード

ページトップへ