0155-22-3636 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
平日9:00-18:00

法定相続人・相続分

  1. 司法書士・土地家屋調査士 坂口卓郎事務所 >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 法定相続人・相続分

法定相続人・相続分

民法において、相続人となる人の順番とその範囲が規定されています。これを「法定相続人」といいます。

まず、被相続人の配偶者は、常に相続人となります。内縁の妻や夫は相続人にはなれません。配偶者以外にも親族がいる場合は、「子」「直系尊属(父親や母親、祖父母)」「兄弟姉妹」の順番に相続人となります。

◆第一順位「子」
「子」は年齢に関係なく相続人となります。子は実子・養子を問いません。また、被相続人が亡くなった時に胎児だった子は、出生後に相続することとなります。さらに、非嫡出子も相続することができます

相続人が配偶者と子の場合、その法定相続分は2分の1ずつとなります。子が複数いる場合は、2分の1をその人数で按分することとなります。

◆第二順位「直系尊属」
被相続人に子供がいなかった場合、直系尊属が相続人となります。子がいても欠格や廃除が生じたときは直系尊属が相続人となります。

相続人が配偶者と直系尊属の場合、その法定相続分は配偶者が3分の2、直系卑属が3分の1となります。直系卑属が複数いる場合などはその人数で3分の1を按分することとなります。

◆第三順位「兄弟姉妹」
子も直系尊属もいない場合は、兄弟姉妹が相続人となります。また、子や直系尊属の代襲相続が生じないときもまた、兄弟姉妹が相続人となります。

相続人が配偶者と兄弟姉妹の場合は、配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1の法定相続分となります。兄弟姉妹が複数いる場合はその人数で4分の1を人数で按分することとなります。

司法書士坂口卓郎事務所は、十勝地方を中心に、道内の皆様の不動産登記、測量、相続、会社設立登記などといった事柄のお手伝いをさせていただいております。これらに関する疑問やお悩みは当事務所までお気軽にお問い合わせください。当事務所は平日の9時から18時までお問い合わせを受け付けております。また、土日祝日しかご予定が取れない場合はその点を申し付けください。相続でお悩みの際は、お一人で悩むのではなく、まずはお気軽にご連絡ください。

司法書士・土地家屋調査士 坂口卓郎事務所が提供する基礎知識

  • 会社設立登記の申請手続き

    会社設立登記の申請手続き

    株式会社を設立した場合には、設立時取締役等による調査(会社法46条)の終了日ないし発起人が定めた日のい...

  • 相続登記と固定資産評価証明書

    相続登記と固定資産評価証明書

    固定資産評価証明書は、相続登記の際には、まず、不動産の登記名義を変更する際に登録免許税という税金がかか...

  • 相続登記と登記事項証明書

    相続登記と登記事項証明書

    登記事項証明書とは、所有権の移転の経緯などを調べる際に用いられるものです。相続登記においては、相続の前...

  • 相続放棄

    相続放棄

    相続は、死亡によって開始するとされている(民法882条)ことから、被相続人の死亡により相続は当然に開始...

  • 相続登記(不動産の名義変更)

    相続登記(不動産の名義変更)

    遺産分割が合意に至り、遺産分割協議書を作成した後は、相続財産の名義を変更する必要があります。不動産の場...

  • 遺産分割協議とは

    遺産分割協議とは

    相続財産を確定し、財産目録を作成したのちに、複数の相続人のうちだれがどの財産を相続するかを決める必要が...

  • 会社設立登記の必要性

    会社設立登記の必要性

    株式会社を設立した場合には、以下の事項を、設立時取締役等による調査(会社法46条)の終了日ないし発起人...

  • 新築時の登記申請の必要性

    新築時の登記申請の必要性

    不動産登記とは、不動産に関する権利の発生・変動・消滅を、国家が管理する不動産登記簿という帳簿に記録する...

  • 遺産分割による相続時

    遺産分割による相続時

    相続は、死亡によって開始するとされている(民法882条)ことから、被相続人の死亡により相続は当然に開始...

よく検索されるキーワード

ページトップへ