0155-22-3636 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
平日9:00-18:00

相続に関する記事一覧

  1. 司法書士・土地家屋調査士 坂口卓郎事務所 >
  2. 相続に関する記事一覧

そのお悩み、全部お任せ下さい

  • 相続登記?
  • 登記事項証明書?
  • 遺産分割協議?
  • 相続登記しない場合?
  • 相続(法)?

坂口卓郎事務所にご依頼いただくだけ

相続

相続は、自然人の死亡によって開始します(民法882条)。一定の親族者に被相続人の財産上の地位を承継させることを相続といいます(民法896条)。

この財産上の地位には、現金や銀行預金、不動産や株式など財産上プラスとなる積極財産だけではなく、未払金やローン、借金などの財産上マイナスとなる消極財産も相続の対象となります。相続が開始したら相続財産の調査をすすめます。

相続が開始したら故人の遺言がないかどうかを調査します。遺言があれば遺言に従って相続することとなり、遺言がなければ法定相続分に従って相続することとなります。

相続される人のことを被相続人といい、相続する人のことを相続人といいます。加えて、今現在生きている人が死亡した場合に、相続人となるべき資格を持つ人を推定相続人といいます(民法892条)。相続人の範囲は民法で定められており、具体的にだれが相続人となるか、またそれぞれの相続分はどれくらいかというのは、被相続人の親族関係などによって変動します。

相続財産と相続人が確定したら、遺産分割協議を開始し、相続人の全員の合意に至ったら、遺産分割協議書を作成し、それに従って相続します。
不動産などの相続登記をして相続税を納付したら、相続が完了します。

司法書士坂口卓郎事務所は十勝地方を中心に、道内の皆様の相続、不動産登記などのお手伝いをさせていただいております。
相続や不動産登記についてお困りの方は当事務所までお気軽にご相談ください。
当事務所は平日の9時から18時までお問い合わせを受け付けております。また、土日祝日しかご予定が取れない場合はその点を申し付けください。相続でお悩みの際は、お一人で悩むのではなく、まずはお気軽にご連絡ください。

相続に関する基礎知識や事例

  • 相続手続きの流れ相続手続きの流れ

    相続は人の死によって開始します。「相続」とは亡くなった方と一定の身分関係にある人などに財産が移転することです。亡くなった方を被相続人、相続する人を相続人と呼びます。 被相続人が亡くなってから7...

  • 法定相続人・相続分法定相続人・相続分

    民法において、相続人となる人の順番とその範囲が規定されています。これを「法定相続人」といいます。 まず、被相続人の配偶者は、常に相続人となります。内縁の妻や夫は相続人にはなれません。配偶者以外...

  • 遺産分割協議とは遺産分割協議とは

    相続財産を確定し、財産目録を作成したのちに、複数の相続人のうちだれがどの財産を相続するかを決める必要があります。 被相続人が遺言で相続分を指定していた場合を「指定分割」といいます。指定された相...

  • 相続登記(不動産の名義変更)相続登記(不動産の名義変更)

    遺産分割が合意に至り、遺産分割協議書を作成した後は、相続財産の名義を変更する必要があります。不動産の場合、所有権移転の登記は特に重要です。 不動産の登記の目的は、自己の不動産を公示することで、権...

  • 相続登記の期限相続登記の期限

    相続登記には期限はありません。しかし、いつまでも故人名義のまま登記しておくのは好ましくありません。トラブルの元になりますので、早めに相続登記をするべきです。とくに、土地や建物などの不動産について...

  • 相続登記しない場合に生じる問題点相続登記しない場合に生じる問題点

    相続登記には期限はありません。しかし、相続登記を放置しておくと、その相続人が死亡して被相続人となった後に権利関係がより複雑となってしまう可能性があります。また、相続人の内の一人の債権者が、法定相...

  • 不動産の相続登記の方法不動産の相続登記の方法

    不動産の登記手続きは、対象となる不動産の所在する地域を管轄する法務局で行います。登記の申請にあたっては、自身で登記申請書を作成することとなります。登記申請書は同じものを2部つくり、1部は法務局提...

  • 法定相続による相続登記法定相続による相続登記

    相続登記とは、一般的には、相続によって被相続人の財産の中でも特に不動産について譲り受けた場合に、その不動産についての登記名義について相続を原因として変更することをいいます。 不動産については、第...

  • 相続登記と登記事項証明書相続登記と登記事項証明書

    登記事項証明書とは、所有権の移転の経緯などを調べる際に用いられるものです。相続登記においては、相続の前提としてある財産が被相続人の所有にあったことが必要なことから、特に不動産については、登記事項...

  • 相続登記と登記識別情報相続登記と登記識別情報

    登記識別情報とは、かつては登記済証制度が運用されていましたが、登記申請がオンライン化する際に、登記済証代えて導入されたものです。登記識別情報は、オンラインで送受信することができるような登記申請の...

  • 遺産分割による相続時遺産分割による相続時

    相続は、死亡によって開始するとされている(民法882条)ことから、被相続人の死亡により相続は当然に開始します。相続開始の時から、遺産分割が行われるまでの間は、相続財産は相続人間の共有に属すること...

  • 相続登記と固定資産評価証明書相続登記と固定資産評価証明書

    固定資産評価証明書は、相続登記の際には、まず、不動産の登記名義を変更する際に登録免許税という税金がかかり、その税金の算定の際に必要となるものです。さらに、相続登記をする際には、相続による所有権移...

  • 相続放棄相続放棄

    相続は、死亡によって開始するとされている(民法882条)ことから、被相続人の死亡により相続は当然に開始します。そして、「相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する...

  • 相続放棄のメリット・デメリット相続放棄のメリット・デメリット

    相続放棄をすると、初めからその相続に関しては、相続人とならなかったものとみなされるため(民法939条)、借金などの承継したくない権利義務がある場合には、それを承継しなくてよいというメリットがあり...

  • 相続放棄の期限相続放棄の期限

    相続放棄をするには、家庭裁判所に申述する必要がありますが(民法938条)、この申述をすべき期間として熟慮期間というものがあります。この熟慮期間は原則として、自己のために相続の開始があったことを知...

  • 相続放棄手続きに必要な書類相続放棄手続きに必要な書類

    相続放棄手続きに必要な書類 ■相続放棄とは 「相続放棄」とは、被相続人の債務が超過しており、相続によってそれらマイナスの遺産までもが相続人に相続されかねないといった場合、あるいは相続人間でのトラ...

  • 遺言書遺言書

    ■相続における遺言書 相続は一般的なケースを考えると「法定相続」、「遺言による相続」、「遺産分割協議による相続」に大別されることになります。 遺言書のない相続の場合は、法定相続人が法定相続分に従...

  • 遺言書による相続登記遺言書による相続登記

    遺言書による相続登記 ■遺言書による相続登記 「相続登記」とは、亡くなった方(被相続人)の名義のままになっている不動産登記を、承継した相続人の名義に変更する手続のことをいいます。不動産を相続する...

  • 遺言書の種類遺言書の種類

    ■遺言書の種類 遺言書は、代表的なものとして、遺言者の自筆で書かれ、のちに公証人による検認を経る必要のある「自筆証書遺言」と、予め公証人による検認を受け、公証役場に保管してもらう「公正証書遺言」...

  • 遺言書の検認遺言書の検認

    遺言書の検認 ■遺言書の検認とは 公正証書遺言による場合を除いて、遺言書の保管者又はこれを発見した相続人は,遺言者の死亡を知った後,遅滞なく遺言書を家庭裁判所に提出して,その「検認」を請求しなけ...

  • 相続登記にかかる費用相続登記にかかる費用

    ■相続登記にかかる費用 相続登記を行うにあたっては、相続財産の調査や戸籍等の必要書類の準備、登録免許税等の費用が掛かります。また、司法書士に依頼する場合、その報酬が掛かります。 ■相続財産調査...

  • 法改正による自筆証書遺言の方式緩和と保管制度法改正による自筆証書遺言の方式緩和と保管制度

    ■自筆証書遺言とは 遺言とは、自分の死後の相続方法等を指定するものをいいます。遺言が法的効力を持つためには、民法上指定されているいくつかの方式のうちいずれかに従って作成する必要があります。 自筆...

  • 帯広市の相続トラブルは弊所へおまかせください帯広市の相続トラブルは弊所へおまかせください

    ■相続登記を司法書士に依頼するメリット 相続登記は、相続人が自らの手で行うことも可能です。しかし、相続登記申請には多くの必要書類が必要となるため、手続きに時間や手間がかかってしまうことも少なくあ...

司法書士・土地家屋調査士 坂口卓郎事務所が提供する基礎知識

  • 新築登記ワンストップ

    新築登記ワンストップ

    不動産登記とは、不動産に関する権利の発生・変動・消滅を、国家が管理する不動産登記簿という帳簿に記録する...

  • 遺言書による相続登記

    遺言書による相続登記

    遺言書による相続登記 ■遺言書による相続登記 「相続登記」とは、亡くなった方(被相続人)の名義のままに...

  • 司法書士と土地家屋調査士のダブル資格でワンストップ

    司法書士と土地家屋調査士のダブル資格でワンストップ

    土地に関する登記には二つの種類が存在しています。一つは表題に関する登記というものです。これは土地家屋調...

  • 相続放棄

    相続放棄

    相続は、死亡によって開始するとされている(民法882条)ことから、被相続人の死亡により相続は当然に開始...

  • 法定相続による相続登記

    法定相続による相続登記

    相続登記とは、一般的には、相続によって被相続人の財産の中でも特に不動産について譲り受けた場合に、その不...

  • 会社設立登記の申請手続き

    会社設立登記の申請手続き

    株式会社を設立した場合には、設立時取締役等による調査(会社法46条)の終了日ないし発起人が定めた日のい...

  • 法改正による自筆証書遺言の方式緩和と保管制度

    法改正による自筆証書遺言の方式緩和と保管制度

    ■自筆証書遺言とは 遺言とは、自分の死後の相続方法等を指定するものをいいます。遺言が法的効力を持つため...

  • 遺言書

    遺言書

    ■相続における遺言書 相続は一般的なケースを考えると「法定相続」、「遺言による相続」、「遺産分割協議に...

  • 会社設立登記に必要な書類

    会社設立登記に必要な書類

    会社設立登記に必要な書類は以下の通りです。 ①登記申請書 →法務省のホームページ上に書式や記載例があ...

よく検索されるキーワード

ページトップへ