0155-22-3636 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
平日9:00-18:00

会社設立登記に関する記事一覧

  1. 司法書士・土地家屋調査士 坂口卓郎事務所 >
  2. 会社設立登記に関する記事一覧

会社・法人の登記を全てサポートします

難しいことや面倒なこと会社の登記手続きを完全代行。
難しい手続きは司法書士にお任せ下さい。

坂口卓郎事務所にご依頼いただくだけ

会社設立登記

会社を設立する場合、設立登記をする必要がありますが(会社法911条1項)、それを設立者自身で行うのはなかなかに骨が折れる作業であると言えます。

その理由として、まず、その登記事項の多さが挙げられます。

登記事項は以下の通り会社法上法定されており、それに則って記載する必要があります。

・目的(同条3項1号)
・商号(同2号)
・本店及び支店の所在場所(同3号)
・株式会社の存続期間又は解散の事由についての定款の定めがあるときは、その定め(同4号)
・資本金の額(同5号)
・株式に関する事項(同6~12号)
・役員等の機関設計に関する事項(同13~23号)
・426条1項による役員の責任の免除についての定款の定めがあるときは、その定め(同24号)
・公告方法に関する事項(同27~29号)

このように登記事項は多岐に及ぶため、設立者自身が漏れなく登記事項を記載するのは難しいといえます。

また、登記申請手続では、以下の書類を提出する必要があります。

①登記申請書
②(認証済み)定款
③役員の就任承諾書
④発起人の決定書
⑤資本金の払い込みを証する書面
⑥印鑑届出書
⑦登記すべき事項を保存したCD-RまたはFD

このように、提出書類も複数に及ぶため、設立者自身で申請手続を行うのは難しく、面倒であるといえます。

その点、司法書士は登記の専門家でありますから、司法書士に会社設立登記を依頼することは安心かつ有益であるといえます。


司法書士 坂口卓郎事務所では、「会社設立の代行」「増資した場合の登記」などといった会社設立登記に関する業務を取り扱っております。十勝地方を中心に、道内の皆様からのご相談を承っておりますので、お困りの際はお気軽にご相談ください。豊富な知識と経験からご相談者様それぞれにとって最適な解決方法をご提案させていただきます。

会社設立登記に関する基礎知識や事例

  • 会社設立登記の必要性会社設立登記の必要性

    株式会社を設立した場合には、以下の事項を、設立時取締役等による調査(会社法46条)の終了日ないし発起人が定めた日のいずれか遅い方から2週間以内に登記する必要があります(911条1項)。 ・目的...

  • 会社設立登記までの流れ会社設立登記までの流れ

    株式会社は、その本店所在地で設立登記をすることによって成立するものとされています(会社法49条)。 そのため、会社設立登記の前に、まずは会社を設立していかなければなりません。 そして、株式会社...

  • 会社設立登記に必要な書類会社設立登記に必要な書類

    会社設立登記に必要な書類は以下の通りです。 ①登記申請書 →法務省のホームページ上に書式や記載例があがっているので、それに従って記入します。なお、パソコン等による作成でも手書き(鉛筆不可)でも...

  • 会社設立登記の申請手続き会社設立登記の申請手続き

    株式会社を設立した場合には、設立時取締役等による調査(会社法46条)の終了日ないし発起人が定めた日のいずれか遅い方から2週間以内に設立登記をする必要があります(911条1項)。 その際に提出す...

  • 会社設立登記にかかる費用会社設立登記にかかる費用

    会社設立登記の際には、登録免許税がかかります。 株式会社の場合、資本金の額が課税基準になります。すなわち、資本金額の1000分の7に相当する額が登録免許税となります。 もっとも、それが15万円...

  • 起業時に必要な法人登記知識起業時に必要な法人登記知識

    起業を考えている方にとって、会社設立の手続きは最初の大きなハードルとなると思います。そして、その手続きの中でも、会社設立に必須となる「法人登記」は特に重要であるといえます。以下で、起業時に必要と...

司法書士・土地家屋調査士 坂口卓郎事務所が提供する基礎知識

  • 新築登記ワンストップ

    新築登記ワンストップ

    不動産登記とは、不動産に関する権利の発生・変動・消滅を、国家が管理する不動産登記簿という帳簿に記録する...

  • 新築権利に関する登記

    新築権利に関する登記

    不動産登記とは、不動産に関する権利の発生・変動・消滅を、国家が管理する不動産登記簿という帳簿に記録する...

  • 法改正による自筆証書遺言の方式緩和と保管制度

    法改正による自筆証書遺言の方式緩和と保管制度

    ■自筆証書遺言とは 遺言とは、自分の死後の相続方法等を指定するものをいいます。遺言が法的効力を持つため...

  • 遺言書の種類

    遺言書の種類

    ■遺言書の種類 遺言書は、代表的なものとして、遺言者の自筆で書かれ、のちに公証人による検認を経る必要の...

  • 会社設立登記の申請手続き

    会社設立登記の申請手続き

    株式会社を設立した場合には、設立時取締役等による調査(会社法46条)の終了日ないし発起人が定めた日のい...

  • 不動産の相続登記の方法

    不動産の相続登記の方法

    不動産の登記手続きは、対象となる不動産の所在する地域を管轄する法務局で行います。登記の申請にあたっては...

  • 相続放棄の期限

    相続放棄の期限

    相続放棄をするには、家庭裁判所に申述する必要がありますが(民法938条)、この申述をすべき期間として熟...

  • 測量の必要性

    測量の必要性

    測量は、ご自身の土地とその近隣の土地の境界を正確に確定させるために必要な作業です。土地は人生で一度購入...

  • 遺言書

    遺言書

    ■相続における遺言書 相続は一般的なケースを考えると「法定相続」、「遺言による相続」、「遺産分割協議に...

よく検索されるキーワード

ページトップへ